助産師外来の役割

看護師サプリ

助産師外来の役割

助産師の仕事の一つに、「助産師外来」があります。

正常の経過を辿る妊婦さん達に対して、腹部エコー、計測、妊娠中・産後の生活についての相談等を行います。

私が勤務する市民病院の産婦人科に助産師外来が設けられた背景には、産科医不足があります。

産科医による外来診察では、何らかのトラブルがある妊婦さんに重点を置いて治療し、 正常なお産を迎えられそうな妊婦さんは助産師が対応するようになっているのです。

もちろん助産師ではお薬を処方したりすることはできません。

だから異常を発見した際には速やかに医師に報告するなどの措置をとります。

この助産師外来は、なかなか好評です。

医師による診察だけでは、準備してきた内容の隅々まで質問できないことってありますよね?

でも助産師外来なら診察室で助産師と妊婦さんの二人きりなので、思う存分お話し出来るんです。

入院する予定の産科病棟のスタッフが助産師外来を兼務しているので、 入院する前から顔見知りの助産師さんを作っておけるってワケです。

また、助産師が開催しているマタ二ティクラスに参加された方には、実際に入院することになる産科病棟にご案内して、 見学してもらっています。

特に初産婦さんは不安が強いので、陣痛でパニックに陥りかけている時に顔だけでも知っている助産師が部屋に入っていくと、 とても安心した表情を浮かべられますよ。

妊婦さん達は様々なことで悩んだりされていますが、一番の不安要因と言えばやはり 「陣痛の時の呼吸法はいきみ方が分からない」ということですね。

少しでもイメージトレーニング出来るように、プリントを見ながら呼吸の深さやリズムについて説明しています。

たまに「私すごく鈍感なんですけど、寝ている時に陣痛が来て気がつかなかったらどうしましょう?」 という妊婦さんもいらっしゃいます。

そりゃないですよ、陣痛は見て見ぬふり出来るような代物じゃありませんから(笑)

小さな疑問や不安を少しでも解決できるような、温かで楽しい助産師外来になるように、日々奮闘中です。