単発アルバイト

看護師サプリ

結構楽しい、看護師の単発アルバイト

正社員として働いていた時でも、合間を見つけて看護師単発アルバイトを申し込んだことが何度もあります。 毎日毎日看護師やってるのに、休日までバイト!「看護師なんて辞めてやる〜!」と(心の中で)幾度も叫んでいたくせに、矛盾していますよね(笑)

私が看護師単発アルバイトというものの存在を初めて知ったのは、2年目の時でした。

初めて就職した病院を一大決心して辞めて、次の病院に就職するまでの期間、リハビリ的に何かちょっと働いておいた方がいいと思ってやり始めました。 たった2ヶ月くらいの期間だったんですが、経験できたバイトはなんと5種類!

一日限りのお仕事もあれば、2〜3日の連続ものもありました。 その当時はまだ2年目のぺーぺーでしたが、バイト先のスタッフさん達はみんな優しく接してくれました。 そして患者さんや利用者さん、被検者の皆さんもとてもフレンドリーに話しかけてきてくれました。

「私なんてまだろくに仕事も出来ない看護師なのに…」「今日初めて会った人達でも、こうやって一緒に仕事をすることが出来るんだ…」 と、看護師免許のありがたさが身にしみました。

単発バイトで身についた看護観?

当時は初めの病院での失敗がコンプレックスになっていたので、この単発アルバイトを経験して少し気が楽になりました。 それに看護は一種類ではなくて、それぞれの施設に適した様々な看護があるということを身をもって知ることができたことに大きな意味がありました。

たった数回アルバイトに行っただけでは見えてこないことの方が多いのかもしれませんが、 ずっと同じ場所で看護をしていても流れ作業のように仕事をしているだけでは、何も見えなくなってくるのです。

いつもとはまた違う場所で、違う制服を着て働く。こういう経験が出来る職種ってあまりないと思いませんか?皆さんも仕事で行き詰まりそうになった時、 気分転換を兼ねて単発アルバイトに挑戦されてみてはいかがでしょうか?

求人票を眺めているだけよりも、自分で見に行った方がよくわかります。 転職を視野に入れている方は、職場見学のつもりで参加するのもお勧めです。 たくさん出会いもあるし、なにか新しいことをやってみたいという人にもお勧めしたいです!

私の後輩なんて、単発アルバイトで知り合った異業種の男性と交際し、結婚したんですよ! 合コンやお見合いパーティーに飽きたら…って、それはちょっと違うか(笑)

気合いが入りすぎていない、つまり下心がない時の方が案外うまくいくんですよね〜、仕事も恋愛も。