看護師国家試験

看護師サプリ

看護師国家試験の思い出

看護師国家試験、懐かしいですね。

私が受験した時は平成13年の2月だったので、既に11年も前の話になります。

看護師国家試験の合格率は多少の変動はあるとはいえ大体90%前後。

勉強しなくても誰でも合格できる程簡単な試験ではありませんが、 しっかりと対策をとっていればほとんどの看護学生が合格できる内容ということですね。

皆さんはこの看護師国家試験対策を、どのようにしていましたか?国家試験の過去問集(電話帳みたいなアレです)や、 参考書を用意してひたすら暗記…という感じでしょうか?私もそうやって勉強しました。

予備校には行っていません。っていうか、看護師国家試験対策の為の予備校や通信教育講座を受講してい た人っているんでしょうか?!

看護系の学校に進んだ人なら誰でも一度は聞いたことがあるはずの「○京○カ○ミー」、 周りで利用しているという人を聞いたことがありません。

(たしか1人だけ、看護学校を受験する前に「○京○カ○ミー」の予備校に通っていた子がいたような…)

でも国家試験当日の朝、試験会場になっていた私立大学の正門近くで「○京○カ○ミー」の 小冊子を配っている集団に遭遇!

みんな駅から歩きながら問題を出し合ったり、自分で作ったノートを確認しながら歩いていたので、 その小冊子を受け取らない子がほとんどでした。

「直前に何かやっても余計に焦るだけ!」と開き直っていた私は、 会場に一緒に向かった同級生の集団の中では1人だけボーっとしているように見えたのでしょうか?

1人の女性にから『直前予想問題』と書かれた冊子を手渡され、 「頑張ってね!」と声をかけてもらいました。

そして私の横を歩いていた同級生の1人も私につられて小冊子を受け取りました。

席に着いてから何となく気になって小冊子を読み始めた私…。これが結構的を得ていて読みやすい!

結構マニアックなところをまとめた表や用語が並んでいましたが、 さすがこれまで「○京○カ○ミー」が潰れないでやって来れたのが分かった気がしました(笑)

そしていざ、試験が始まると…、驚いたことに直前予想問題に載っていたようなマニアックな範囲から出るわ出るわ…。

出題傾向が大幅に変わり、合格率84.1%とかなり低めの難しい試験でしたが、何とかセーフでした。

試験終了後、直前予想問題を受け取っていた子もやはり「試験中、びっくりするくらいドンピシャ!漏れてると思ったくらい…」 (←そんなワケないとは思いますが…)

と言っていました。恐るべし、「○京○カ○ミー」!さすが創立34年の歴史(その当時)を感じさせられた一日でした。