夜勤専従

看護師サプリ

HOME

夜勤専従で働く看護師。

看護師の働き方として一部の看護師に人気なのが夜勤専従です。 日勤の看護師にとって夜勤はなにかと敬遠されがちなため、夜勤の人手不足などをカバーするため 夜勤専従の看護師さんが病院では求められています。

夜勤専従を選ぶ理由ってなんですか?

1.とにかくお給料がいいので

夜勤専従の魅力はなんといってもたくさんもらえる手当です。日勤看護師にとって夜勤は辛いけれどもお金にはなる働き方だと思いますが、 夜勤手当がまるまる毎回もらえてしまうわけですから、やはりそれなりにお給料は多いです。

生活のリズムがばらばらになってしまう分、お給料にはしっかり反映されています。

2.日中まるまる休みになるので

次に多いのがブランク復帰組みの看護師にとって魅力的な「日中休みがまるまるもらえる」ということです。;

夜勤月9回の場合など3日連続休みになることも多々ありますので、丸々1日休みに使えることになります。 子供が小学校などに上がり学校行事にはしっかり参加したいと考えたときに、このスケジュールのほうが合っていると思うママさん看護師がいらっしゃいます。

20代でパワーが有り余っている看護師にとっては、お給料も多く休みも取りやすい夜勤専従のほうがいい!という考えの人も多いです。

3.日勤の人間関係から離れたい

3番目の理由としては人間関係が日勤より薄いということがあります。 人数も少ないためドロドロした人間関係に疲れたしまった人に選ばれる傾向にあります。

日中よりも自分1人のペースで仕事がすすめられるのが魅力です。

夜勤専従の働き方やお給料が知りたい!

夜勤を専従にして働くと、一体どれくらいのお給料になるのでしょうか。

1.夜勤9回で450万〜ぐらいが相場。

地域差は当然ありますので、あくまでも参考例ではありますが大体450万円を超えてくるぐらいのお給料になると思います。 常勤日勤の看護師とあまり変らないレベルかもしれませんが、その分手当てが多く休みが多いことを考えると、やはり専従だけのお給料になっていると思います。

また、働いて見ると夜勤専従といっても全部が夜勤なわけではなく多少は日勤がまじったりという職場もあります。 求人先にしっかり確認しておきましょう。

2.パートや派遣の場合は1勤務3万円超えが相場

正社員としてではなく、派遣や契約社員またはパートとして夜勤専従で働いた場合、そのお給料の平均は大体3万円を超えてくるぐらいになります。

週に1回働くだけでも12万円〜13万円になりますので、ママさん看護師からすると非常に美味しい働き方ともいえるでしょう。

3.仕事内容は多種多彩。3年〜5年以上の経験を求められます。

夜勤専従になるには、それなりのスキルがないと厳しいです。

夜勤をこなしていくには、全体を俯瞰するスキルが求められます。 ならし日勤が何回かあるとしても、なかなか夜勤に入って即対応というのは難しいですよね。 また、老健などの施設の場合であれば1人看護師体制というのも珍しくはありません。

ある程度、経験を積んでいないと夜勤専従の仕事はこなせません。最低3年ていどの実務経験は求められると思ってください。

悩み

仕事内容