看護師の資格と潜在看護師

看護師サプリ

HOME

看護師の資格を持っている人はなんと220万人!働いている人は150万人もいるんです!

ここ10年で看護大学の数が増えてきています。また、また男性看護師も増加の傾向にあります。 全般的に病院では看護師不足となっていますが、そんななか順調に看護師の数は増えてきています。

次の資料を読むとわかりますが、実に看護師免許を持っていて働いている人の数は150万人以上とされています。

10年前は約120万人でしたから、わずか10年で30万人も看護師の就業者数が増えたことになります。 なおかつ、ここ数年でも毎年3万人近く増えていて今後もこの増加は続くと予想されます。

「看護職員の現状と推移」(平成24年)

そのうち、実際に働いている人は150万人いますが、一方で資格を持ちながら看護師の仕事にはついていない人が70万人もいます。 いわゆる潜在看護師です。実に30%近い人はせっかく看護師の資格をもっていてもまったく違う仕事をしているか、お仕事自体をお休みしていることになります。

そしてこの就業者数の150万人ですが、 150万人って多くないですか?

日本の労働人口は約6300万人とされているので、だいたい40人に1人は看護師ということになります。

それでも看護師不足が叫ばれ、特に首都圏の病院などでは人手不足でいっぱいいっぱいになっている病院が多いとされています。

潜在看護師はなぜこんなに多いのか?

70万人もの潜在看護師がいるということで、これらの方々が職場復帰すればそれなりに人手不足は解消されることになります。

そこで、私なりに考えてみました。

看護師の離職率

看護師の離職率は2012年度の資料をみるとだいたい11%ほどです。これよりもっと前は12%〜13%ほどありましたので離職率自体は わずかにですが毎年よくなっています。

この11%という離職率はこれは平均的にみるとかなり低いほうです。他の職種ではもっと離職率が高い仕事がたくさんあります。

離職率の低さについては「平均年収」がもっともたる理由だと考えています。

看護師さんの平均給与は職種別にみてもかなり高いからです。

看護師の平均年収は?お給料を20代、30代、40代と世代別にまとめてみました。

このお給料に加えて、最近では看護師をまつわる環境がよくなっているのだと思います。実際にどのような施策が行われているのかわかりませんが、 夜勤専従といった働き方も増えてきて、夜勤などの負担が減っていたりするのかもしれません。

よく「看護師の離職率が高い。」というニュースや資料を目にすることがありますが、 データを見る限りでは看護師の離職率はかなり低いんじゃないかと思いました。

潜在看護師になる理由TOP3

次に潜在看護師になる理由です。これはかなり古いですが2011年の看護協会の資料を参考にします。

「日本の医療を救え」

この資料を見ると「回復しない疲労」「とれない有給休暇」「過酷な交代制勤務」といったようにネガティブな文言が満載となっています。 そして離職の原因についてはこうまとめられています。

潜在看護師があげる離職の理由は、結婚・出産・育児と長時間勤務・夜勤。結婚・出産・ 育児を理由とする離職の背景に職場の労働条件の厳しさがある。

ここで気がつくのですが、看護師は男性看護師が増えてきているといってもまだまだ女性メインです。8割〜9割以上は女性が看護師となります。 資料には離職の理由としてのTOP3として「結婚・出産・育児」とあります。

一般的に220万人のなかで70万人(30%超)も潜在看護師となっているとなると「多すぎる」となるわけですが、大半のスタッフが女性であることを 考えると、そこまで不自然な数値でもないんじゃないかというのが感想としてあります。

同じく潜在資格者が多い資格として「保育士」があるのですが、これも同様に女性がメインの仕事であるため割合が高くなっているわけです。

ここまでの結論として「お給料がいい看護師は離職率はそんなに高くないし、潜在看護師が多いといっても職種特有のものでこれも至って普通のこと。 むしろ激務のなか離職率が11%に抑えられ、なおかつ毎年、数詞は低下して良くなっているのだからすごく頑張っている」という答えにたどり着きます。

潜在看護師を減らすには

70万の潜在看護師を減らしていくにはどうすればいのでしょうか?

データを見る以上、潜在看護師には育児などに追われている人が、かなり高い割合でいると思われますので、その人たちにあった 働き方を看護協会なり病院なりが仕組みを作っていくのがいいんじゃないか思いました。

つまりは「短時間勤務」で働く人が増えても、影響を出さずにスムーズに病棟のチームだったり、外来を回せるのかということに尽きると思います。

悩み

仕事内容