転職って悪いことばかりじゃない

看護師やめたい

私には看護師経験が9年あります。でもそのうち、正社員として病棟勤務をしていた期間は8年弱。残りはパートや派遣看護師として自由が利く働き方をしていました。その間単発アルバイトを入れていたこともあるので、自慢じゃないけど本当にいろんなところに出没してきました。しかも正社員として働いていた病院も一か所ではないので、もうこれはジプシーナース決定ですね。

何度も自分の居場所をころころ変えている私のことを、皆さんにはどんなふうに思われるのでしょうか?「責任感がない」「何をしても続かない人」「使えない奴」…どうしてもまず先に、否定的な意見を持つ人の方がたくさんいることを想像してしまいます。なぜなら実際に私が病院を変わってすぐの時に、職歴が浅いにも関わらず転職したことに対して良く思わないスタッフがたくさんいたからです。面と向かってそのような言葉を投げかけられたことはありません、多分…。でも、視線が痛かった。なんかちょっと「ワケあり」の人を観察しているようにも見えましたし、卒後経験年数が全く同じというスタッフからは明らかに「下」扱いでした。そして何よりもこの私が、自分の下した決断に対して自信を持つことができませんでした。

2年目の夏に初めて就職した病院を辞めて、小さな民間病院に転職した私。その後紆余曲折を経て、それなりの人生経験を積んできた今の自分から見て、あの時の決断は決して間違ってはいなかったと思います。でもそれと同時に、退職・転職を決断するまでにもう少し時間をかけても良かったのかもしれないとも思っています。病棟で伝統的に繰り返されている“いじめ”に耐えられなくなったことが最大のきっかけですが、今のわたしなら退職する前に部署替えを希望するでしょう。同じ院内でも、詰所や部門が変われば全く別世界ですから。実際に部署替えの話が出ていたし…。ま、こういう考えは時間が経てばこそ出来るものなので、今となってはもう受け止めるしかないだけの過去の話。

確かに、同じ病院で長期間働くことは意味があることだと私は思います。新人研修などは同じ部署で受けた方が系統立てた考え方が出来るようになるので。でも私はつぎはぎだらけの職歴の中でも、ちゃんと自分なりの看護観を構築してきたと思っています。ところ変われば看護もまた変わるので、いろんな施設の常識を一から覚えていけるような柔軟性のある看護師になれたとも思うのです。ジプシーナースには、それなりの強みっていうのがあると信じて…!なんせ場数踏んでますからね~(笑)

悩み

仕事内容