退職理由は出産&妊娠

看護師やめたい

妊娠&出産が退職理由の第1位

結婚後子供が出来るまでは頑張ろうと意気込んでいても、妊娠したら話は別。 産後落ち着いたらまた働けばいいという考えから、迷うことなく退職に踏み切るケースは本当に多いですね。

職場によって産休・育休制度が導入されていますが、慢性的な人手不足の為、臨月まじかの大きなお腹で夜勤をしている看護師だってたくさんいます。

中には変則勤務のストレスや重労働を続けて、切迫流産や切迫早産を起こしかける人も…。 切迫早産や切迫流産にはいろいろ要因があるから、一概に仕事が原因とは言い切れないけれど 「私が無理したばかりにこんな事になった。」と落ち込むのが母親の気持ち。

そんな仲間をさんざん見てきた為に、「自分の身と子供は、自分が守ってみせる!」と考え退職する人も多数。(私もその一人です…)

妊娠中は何とか頑張っていても、産後子育てが始まるとやっぱり大変です。 育児休暇は施設の基準や本人の健康状態によって変わりますが、 たいていは9ヵ月から1年で復帰することになります。

正社員の場合短時間労働や夜勤免除が受けられますが、仕事の特性上「時間なんで私帰ります。」とはなかなか言う事は出来ません。 人手不足で忙しいうえに、急変や緊急入院の対応に追われているメンバーたち。

いくら自分が子育てしていて大変でも、大変なのは自分ひとりじゃないってわかる分だけ辛い。 育休明け後、体調不良を起こして結局退職した人もいます。

病院は夜勤や重労働が多いけれど、クリニックなら簡単に続けられると想像している人もいるかもしれません。 でも、クリニックはある意味病院よりも働きにくくなる場合もあります。

スタッフの人数が多いクリニックの場合、自分がつわりで休んでも、 誰かがカバーしてくれています。これは病院でもそうです。

でも、クリニックによっては人件費を削減したいという院長はスタッフ数を最小限にしか雇っていません。 そのため患者数が多いのに、その勤務帯の看護師は1名で対応することも珍しくありません。

私が以前パートしていたクリニックも看護師は少なく、 私より少し先に就職した看護師は、妊娠中のトラブルが起きたとき代わりに出てくれるスタッフがいないという理由ですぐに退職しました。

こうして私は働き始めて1ヶ月で、そのクリニックの主要メンバーになってしまいました。(ありえん…)

こんな風に、看護師は女性が多い仕事な割には妊娠から出産・産後をサポートする体制が弱いですね。 がんばって乗り越えられる人は偉い!

でも、途中でやめた人がダメという事ではありません。看護師と言う前に女性ですから!仕事以外の人生も大切にしましょうよ。

悩み

仕事内容