働き方自由!看護師派遣

看護師やめたい

ここまで辛い職場環境!

看護師やってて、今まで一度も職場に対する不満を感じたことのない人なんている?

もしいるとしたら会ってみたい、そんな神みたいな人!

でもまあ、離職率の高さや転職者数の多さがみんなの本音を現わしているってことなのかな…。

慢性的な人手不足・超過勤務・タダ残業・有給消化率の低さ・勉強会の準備…。 こんな内容をテーマにあげたら何時間でも語れそう。 仕事の後飲みに行ってはみんなでブツブツ。 こういう問題って大抵複雑に絡みすぎて解決策なんて見つかったことないけど、それでもみんなでブツブツ。

こんな悪循環を打開するにはもう転職しかない!と思ってみんないろんな所を転々としてるみたい。

でもね、「超過勤務がいやだから時間内に終了出来る職場を選べばいい」 「夜勤がいやだからもともと夜勤のない職場を選べばいい」というように、 自分の希望の条件に合わせた職場を探すのが比較的簡単なところが看護師の最大の強みだと思う。 他の仕事なら考えにくいよね?それでも、看護師として働く上で絶対に避けては通れないある大問題が…。

それは職場の人間関係の悩み事。

人間関係の悩みなんて看護師以外の職場でもどこでも存在するけれど、 看護師間の人間関係のストレスは大事故を起こす引き金になりかねないから、「適当に流して~」とか「無視無視」ってわけにはいかないよね…。

院内で起こるミスや事故の多くに共通するのが「コミュニケーション不足」。 何かおかしいと気付いても、怖い先輩に「あの~…」って声かけにくくて、結局事故が起こる前に防ぎきれなかったってことはよくある話。

でも、例え失敗してもすぐにリーダーやメンバーに報告したことで早期に対処でき、 致命的な事故にならずに済んだという例も多い(どちらも経験済)。

結局、職場の人間関係がうまく機能していれば、 失敗やきつい残業・夜勤も「このメンバーとなら乗り越えられる!」と思えるし、 看護師一人ひとりのメンバーシップが高くなる気がする。

患者さんの命を預かる白衣の天使と言っても、看護師だって所詮は人間ですから。

自分のコンディションが悪かったり、人間関係がギスギスしていれば、良い看護なんて出来っこない。 でもそんな辛さを言い訳にして、気づけば自分まで怖い顔して働くのなんて悲しすぎると思いません?

これまでの職場では出来ていなくても、人間関係に振り回される考え方はもうおしまい。 職場は仕事をしに行く場所。 職場のメンバーは仕事を一緒にする上で大切な人達。一番の目的は「患者さんの安全を守ること」。 怖い先輩にでも、苦手なメンバーにでも、患者さんの為と割り切って自分から声を出すことが重要。

一人が変われば全体も変わる。自分がそのきっかけになるという気持ちで、次こそ笑ってお仕事しましょう。

悩み

仕事内容