もう派遣看護師しかできない。

看護師やめたい

もう派遣看護師しかできない。

私がこれまで正社員として看護師をしてきた病院は3つですが、その間に短期・単発アルバイトを何度も経験してきました。

また結婚する時に一旦退職した後妊娠するまでの期間は、パートや派遣で仕事をしていました。

いろいろな職場の雰囲気や看護の種類について経験することができてよかったと思いますが それ以上に、さまざまな雇用形態で働く経験ができたということの方が私にとっては大きな意味がありました。

これがどういうことかというと、同じ「看護師」といっても病院で働く看護師とクリニックや介護施設で働く看護師の仕事の内容は違っています。

さらに同じ院内でも外来と病棟での看護師の役割も全く違います。

そして同じ病院内でも各部署によって看護の特殊性が異なっています。

これと同様に、同じところで働くとしても、正社員として仕事をするのと派遣やパートで仕事をするのは全然違います。 また派遣とパートの立場も微妙に違っていることを肌で感じることができたわけです。

妊娠するまでの5か月間、私は派遣看護師として市民病院の消化器内科病棟で日勤で仕事をしていました。

その病院では新採用者が集まりにくく、異例の措置として派遣看護師を病棟で採用するようになったところでした。

私と同時期に就職した看護師仲間は派遣ではなくパートで同じ病棟に勤務となりました。 私たち2人は「ちょっと特殊な立場」「浮いた存在」ということですぐに意気投合し、何でも相談しあうようになりました。

彼女の話を聞いていると「やっぱり派遣にしておいてよかった!」と思うことばかりでした。 まず時給が100円以上違いました。 残業に差し掛かりそうになると、スタッフも師長も「もうあとはやっとくから早く上がってね!」と私には笑顔で言ってくれます。

派遣看護師がお給料をもらうのは派遣会社からですし、何かあった時の相談先は派遣会社となっているので、 残業させていることが会社にばれて注意されないように、私に対してみんなが気を遣っているという感じですね。

そして人間関係においても、パートとなると露骨に「正社員の下」扱いとなっていましたが、 派遣の私には「一線を引いている=遠慮している」という雰囲気。

確かに仕事内容は正社員の補助的な役割(ときにはパシリ)となりますが(笑)、それは責任の部分でも仕方ありません。 (かえって大変な仕事をやらされても困るくらいですよね)

今後仕事を再開することになって、めぼしい職場が見つかったときは、絶対にまた派遣で働こうと思います!

特に正社員ばかりの中で働く場合は“自分を守ってくれる場所”という意味で、派遣会社は頼りになりますよ。

悩み

仕事内容