デイサービスの看護師

パート看護師

デイサービスの看護師の仕事内容

デイサービス単発バイト看護師の一日は、机や椅子の設置からスタートします。

朝・夕に介護スタッフがマイクロバスでそれぞれの利用者さん達の送迎を行いますが、単発バイト看護師が送迎バスに乗る事はありません。

社員レベルやパート看護師でもレギュラークラスになると、利用者さんの容体の変化によってバスに乗ることがあります。 (めったにない事ですが、急変があれば救急車に同乗、なんていう事もあるらしい…)

スタッフの内訳は正社員看護師1名、バイト看護師1名、介護スタッフ4名でした。

8時半から9時までの間に次々に到着する利用者さん達。

施設の規模によって一日の利用者数は変わりますが、私がバイトしていた所は大体13~15人。 平均年齢80歳くらいで、男女比は8対2で女性率高し!そりゃそうか…。

女性の方が平均寿命が長いもんね。来た人から手洗い・うがいを促して、座席に誘導。お茶を出しながら一人ずつ検温。そしてデータを記録に残す。利用者さんが持ってきた昼の内服薬や点眼薬、経管栄養をしている場合はグッズなどもすべて預かる。簡単に見えますか?私もやってみるまでは楽勝と思っていました。

でも、意外と慌ただしい。なんせ20歳の若者15人ではなく、80代前後の高齢者15人です。(しかも初対面で名前と顔が全く覚えられない状況)

私がうろうろしていると介護スタッフは検温が済んだ順に入浴介助を開始! 利用者さんはお風呂の順番が来るまで折り紙をしたり絵を描いたりしています。

途中でトイレ介助やおむつ交換をしているうちに、気づけばお昼です。 いそいそと配膳を開始します。一番要介護度の高い利用者さんの経管栄養のセッティングもスタート。 怒涛の如く過ぎ去る午前中でした。

一時間の休憩後、下膳と服薬介助。経管栄養も終わり薬の注入。 ホッとしている間もなく午後のレクリエーションが始まります。

レクって言っても、盛り上げようと必死なのはスタッフだけ。 ゲームのルールがほとんど理解できていないメンバーの中で空回りする私。 振り返るとひとりの女性が徘徊し始めました。

今度は彼女を転倒させないようにあとから付いてまわります。 ひと段落したら今度は全員で館内を散歩。 この辺で燃料切れを起こしそうな私。

帰りのバスまでの間に、一人ずつトイレ誘導。同時進行で記録もラストスパートに入ります。

全員バスに乗り込んだのが16時。館内に静寂が戻りました。 17時までの契約だったため1時間おそうじを手伝い、時間どおり終了。交通費とバイト代合わせて日給13190円也。

デイサービスってもっと穏やかでゆっくりと仕事できると思ってた…。

でもまだここは入浴介助しなくていい所だったからましか。 もっといっぱい介護業務を頼まれるところもあるので、契約の際に細かく確認しておきましょう!

悩み

仕事内容