保育園の看護師

看護師サプリ

看護師が保育園で働くには?

「看護師が保育園で働くには…」という疑問を持つ前に、多くの人はまず、「保育園に看護師さんっていたっけ?」と思われるかもしれません。

それもそのはず、厚労省が保育園への看護の設置を促し始めたのはほんの4〜5年前からの話だから。

園内での集団感染を未然に防いだり、アレルギーや障害を持つ園児たちにきめ細やかな対応をするために、 看護の特殊性を活かした保健・衛生的な対応が求められているというのです。

厚労省は私立認可保育園への看護師の配置はもちろん、公立保育園についても運営する市町村に対しても、看護師を配置するように方向づけてきました。

サポート体制はまだ未整備。手探りで仕事をすすめます。

だからと言って保育園で働く看護師に対して、国や園が特別な研修や実習を用意してくれているというわけでもありません。

保育園で働く看護師たちは、「これまでの臨床経験で培った看護師の知識や技術・勘」「自分の子育ての経験や親としての気持ち」 「児童衛生・保健・救急対応に関する書籍(もちろん実費で購入)」を頼りに、手探りで日々の業務をこなしているという現状です。

誰かを頼りたくても、頼れません。だって保育園には通常、看護師は1人配置だから…。

逆に見れば、あなたの裁量である程度仕事がすすめられるので病院と違ってギチギチしたしばりはないと言えます。 周りにはかわいい子供達がたくさんいますし、自主性がある看護師であれば保育園での仕事は天職なのかもしれません。

臨床経験が数年あれば誰でも保育園看護師になれる!

看護師が保育園で働くには、特殊な資格はいりません。臨床経験が数年あれば正社員・派遣・パートで仕事につくことが可能です。

園によっては、小児科経験がある看護師を優遇することもあるようですが、ほとんどの園では診療科の経験までは問われることはありません。

積極的に子供のことを知りたい! 体力に自信があって、子供が大好きな人は是非トライしてみてください!