看護師は太る?

看護師サプリ

HOME

看護師って太りやすいと思う

「塩分の強い加工食品や、油っこい食べ物は極力控えましょう。お酒もなるべく控えてくださいね。

…そうですね、あまり我慢するとかえってストレスですよね。たまに楽しむ程度なら問題ありませんよ。」

これは患者さんへの退院指導の一部です。

内科系の患者さんが多い病棟で勤務していた私は、受け持ち患者さんの退院日が決まるとパンフレットを 用いて生活指導や食事指導をしていました。

白衣を着ている人間にこのようなことを言われている時、ほとんどの患者さんは 「はいっ、はいっ…」と頷きながら話を聞きます。

でも患者さんが実際に行動の変容にまで至ることはなかなか難しいものです。

その証拠に、慢性疾患の患者さんは何度も同じことで入退院を繰り返しますよね。

(もちろん生活習慣の改善に取り組む方もたくさんいますし、生活習慣の 改善だけではどうにもならない問題を抱えていらっしゃる方もたくさんいるのですが…)

私も立場上患者さんに注意していましたが、患者さんの「わかっちゃいるけど…」という気持ち、 痛いほどよくわかっていました。

だって私も、同じことを繰り返していましたから…。

夜勤中におやつ・カップメン・菓子パンを平らげて、明けで家に帰ってき てシャワーを浴びたら朝から缶ビールで乾杯!酔っぱらって爆睡して起きたらもう夜で、またワインを飲んで寝て、翌日は朝からまた仕事。勤務終了後は同僚とラーメンを食べながらビールを飲む。準夜終了後、午前0時頃から居酒屋に行くのもも当たり前。…我ながらあきれるような食生活です(恥)退職後すっかり落ち着いて、規則正しい生活をする今の私からは考えられない…。

患者さんに偉そうに指導しておいて、自分には甘いっつーの!冒頭で書いた指導内容の後半部分、 「あまり我慢するとかえってストレスですよね。たまに楽しむ程度なら問題ありませんよ。」 っていうところだけあてはめて好き放題やっちゃってました。

(しかもたまにじゃなくて、いつも)

なんでもかんでもストレスのせいにするのはどうかと思いますが、 その当時は「ほ・ん・と・う・に!」ストレスが溜まっていたことは確かです、はい、言いワケです(笑)

その証拠に、臨床を離れてからベースの体重が4キロ落ちました。

年齢のせいで少ない量で満足出来るようになっただけかもしれませんが、 イライラを食欲で解消することがなくなったことは確実。

っていうか、あそこまでのストレス、そう簡単に溜まりませんからね、普通に生活しているだけでは(笑)